旅行というにはちょっと長い滞在ですが・・・アメリカ西海岸

日本からの旅行というにはちょっと期間が長いのですが、仕事で派遣されてアメリカ・カリフォルニア州のサンタクララバレーにいました。

シリコンバレーとして知られている場所で、そのど真ん中にあるサニーベールという街にいました。

期間中、妻とふたりで週末の休暇を利用して、カリフォルニア州のサンフランシスコ湾周辺(サンフランシスコ・ベイエリア)のあちこちに出かけてきました。

サンフランシスコには坂の多い市街地にあちこち観光スポットがありますし、ゴールデンゲートブリッジや、その対岸にあるサウサリートを訪れるのもいいでしょう。

夕日が傾いてきた頃に、サウサリートからサンフランシスコ側を眺めてみると、街の灯がともり始める絶景を堪能できると思います。

また少し車で足を伸ばせば、3時間も走れば、ナパやソノマといったワインで有名なところにも行けますし、買い物好きにはベイエリア内・周辺あちこちに大きいアウトレットがあります。

好みに応じて観光先はよりどりみどりですが、そういった名所については今どき豊富に情報があるでしょうから、触れずにおきます。

サンフランシスコから南東に約1時間車を走らせると、サンノゼという街がありますが、サンフランシスコからサンノゼにかけての地域全般がいまはアメリカの、いや世界のハイテク産業の中心地になっており、大抵こういう地域は仕事で訪れるものです。

しかし旅慣れた人なら、暮らすように旅してみたいと思うことでしょう。
一度訪れてみると、そういう願望に適うのではないでしょうか。

世界の有名なハイテク企業の本社や拠点があちこちにあります。Google (Mountain View), Apple (Cupertino), Tesla motors (Menlo Park), Intel (Santa Clara), HP (San Jose), Yahoo! (Sunnyvale), Facebook (Menlo Park), Oracle (Redwood Shore), Adobe Systems (San Jose)などなど。

私が一時滞在していたアパートは、アップル本社と同じ通りに面していました。

どの企業も多少の差はあれ、比較的オープンで、例えば、インテルのように会社の敷地内に博物館(インテルミュージアム)を持っているところもあります。

空港で車を借りて、自分で企画して予め調べておいた企業を回ってみるのもいいでしょう。
会社の中に入れるところも多数あります。

もうひとつ。この地域を観光することのもうひとつの魅力は、世界中の多くの種類の料理を味わうことができるという点にあります。
実はサンフランシスコからサンノゼにかけてサンタクララバレーを含む地域一帯、世界中から優秀な人材が集まっていることもあって、世界各地の料理を堪能できるのです。

実にさまざまです。

アメリカらしいステーキハウスやサンドイッチプレイス、ビストロ、スポーツバーやハンバーガー屋は言うに及ばず、メキシコ料理, 日本食(寿司屋だけでない), インド料理, 中華料理, イタリア料理, イラン(ペルシャ)料理, フランス料理, トルコ料理, レバノン料理, スペイン料理(特にタパス), モロッコ料理, タイ料理, ベトナム料理(フォーだけの専門店さえある), ギリシャ料理, ドイツ料理, ロシア料理, アフガニスタン料理, アゼルバイジャン料理, イギリスパブ, ブラジル料理… ありとあらゆるものがあります。

年中通して気候が比較的穏やかでもありますし、カリフォルニアの抜けるような青空の下に加えて、上に述べたような魅力が詰まった土地でもあります。

仕事がなくても決して訪れて飽きることはないはずです。
(でも最初はやはり有名ないかにもという観光スポットをあちこち行ってみたいと思うのかも知れませんが。)