9月のフィジー島、豪雨の中でもリゾート気分を満喫しました。

初めて海外に行ったのは、21歳の時、大学の卒業旅行で行ったイギリス旅行でした。
ロンドンで美術館めぐりを楽しみ、それから湖水地方を回りました。

最近行った海外旅行は、3年前に行ったフィジー島の旅です。
9月の頭に5日間の日程で行きました。

泊まったのは、コーラルコーストのハイダウェイ・リゾートです。
きれいな白い砂浜のプライベートビーチがあり、そこで地元の人たちの村まで歩いて遊びに行ったり、ホースライディングをしたりできました。

南半球にあるフィジーでは9月は春にあたり、暑すぎず過ごしやすい天候でした。

ただ3日目くらいから記録的な大雨が降ってしまい、予定していたシュノーケリングもできなくなり、それどころか洪水でナンディ空港までバスが行けなくなってしまい、帰る予定を変更しなければならない人がたくさんいました。

雨が降っている間でも、寒くはなかったので、プールで遊んだり地元の人の村に遊びに行ったりと楽しく過ごすことができました。

旅行代金はリゾート宿泊ですので食費も込みで一人20万円ほどでした。

雨がやんでから近隣の町、シガトカに買い物に行きましたが、物価が安いので1万円も使わなかったと思います。

旅行にはなるべく荷物を持って行きたくなかったので、服もTシャツとかばかり持っていきました。
リゾートの夕食はみんなきれいな格好をしていたので、もう少しおしゃれ着も持ってくれば良かったと思いました。

あの旅はどうしても豪雨の印象が強すぎるので、今度は天気のいいフィジーでシュノーケリングを楽しみたいですが、なかなか天気は思うようにはいきませんね。

Comments are closed.