若かりし頃のタイのプーケット、ドタバタ旅行記

2018年の3月に大学院の頃の友人とともにタイのプーケットに旅行に行きました。

その時の候補は色々ありましたが、友達のリゾート地に行きたいという一言でプーケットに決まりました。

海外旅行の申し込みは最寄の日本旅行で行い、3泊4日のプランの弾丸旅行でした。

タイのプーケット旅行の思い出

初日は移動時間になりましたが翌日はピピ島に向かいました。

ピピ島の透き通るような綺麗な海と現地料理に舌鼓をうちながらゆっくりと過ごしました。

夜はバングラ通りに行き、夜の街の雰囲気とお酒を楽しみました。

その時、たまたま入ったお店のニューハーフとゲームをして飲み代をかけた結果、キスされたのはいい思い出です。

その夜の後は、翌日にタイのバンコクに移動して主に観光を行い、地元の料理屋さんやトゥクトゥクなどに乗りながら市街地を移動して異国情緒を愉しみました。

タイ旅行は移動費や宿泊費、食費込みで20万ほど

3泊4日のタイ旅行は移動費や宿泊費、食費込みで20万ほどだったと思います。

現地での買い物は、日本に比べると物価が安くそんなに金額がかかった気はしません。

五万円ほどですべて賄えたと思います。

金銭的にも内容的にも非常に充実した旅行であったと記憶しています。

 

が、友人がパスポートをタクシーに忘れるということをしてしまい、町中のタクシーを探して回りました。

またタイは英語の浸透率が低く、私たちも英語が使えるわけでもないのでお互いたどたどしい英語での会話はかなり不安なまま過ごしました。

基本的なタイ語は習得すべきだったなぁと帰国して後悔しました。

衛生面も日本に比べると比べ物にならないくらい酷いですが、そこにタイの魅力があります。

言葉の不安はありますが、タイは日本と違い、不便なこともたくさんあります。

衛生面も日本に比べると比べ物にならないくらい酷いです。

ですが、そこにタイの魅力があります。

異国間こそが東南アジアの魅力です。

人がありのまま過ごしているタイにぜひ、行ってみてください。

もちろんタイ語は勉強しましょう。

Comments are closed.