2019年の4月に世界遺産登録数第1位のイタリアを大満喫。

2019年の4月に、旦那さんと新婚旅行でイタリアに行きました。

行き先は私がヨーロッパを希望、旦那さんはリゾート地を希望していました。

お互い長期休暇をとれることが出来たため、旅行日程が長期になるヨーロッパへ行くことに決めました。

ローマ、ナポリ、フィレンツェをめぐりました。

ローマ到着後にナポリへ移動し、青の洞窟へのツアー参加、フィレンツェでは美術館めぐり、ピサの斜塔を見学。

水の都ヴェネツィアでは、ゴンドラ周遊をし、最終日ミラノでショッピングをし、帰国というイタリアの都市を効率よく巡ることが出来る7泊9日大満足の行程でした。

旅行代金は一人19万円と格安なのも魅力的でした。

現地では食事は基本3食ついていて、ツアー代金に含まれていました。

なので自由時間での食べ歩きやカフェ、ジェラートなど旅行代金以外ではお土産代を含み3万円程度で賄えました。

イタリアはやはりスリが多い都市、自己防衛が必須

イタリアはやはりスリが多い都市と言われています。

実際に危険な目には会いませんでしたが、荷物は必ず前向きに持つことやカメラに夢中で私物から目を離したりすることのないように、常にガイドさんからも注意喚起がありました。

日本とは違う文化もあり長期滞在であることもしっかりと考慮して、気を抜くことのないようにしながら、楽しむことが大切です。

ローマは1日してならずという言葉通り、日本にはない歴史や建造物が守られてきた背景など見所満載のイタリア。

お友達同士でも、家族でもカップル同士でも老若男女が楽しめる都市は一度訪れる価値のある国の一つです。

Comments are closed.