バンコクの思い出:カオサンストリートのゲストハウス

5年前に、学生時代の友人と二人でタイのバンコクへ旅行に行きました。

遺跡や王宮など、いろいろと観光をしたのですが、一番印象に残ったのは泊まったゲストハウスのあるカオサンストリートでした。

カオサンストリートは、タイへ行く旅行者には大変有名な場所です。市場のように屋台や露店が並び、食べ物、土産物、マッサージ屋、タトゥーショップなど、さまざまな店や人でごった返しています。ゲストハウスもたくさんあるので、バックパッカーに人気の場所です。

私と友人も、カオサンストリートで買い物したり、泊まるゲストハウスをさがしたりしました。ゲストハウスにも値段ごとにランクがあり、水シャワーのみの部屋、お湯のシャワー付き、エアコン付きなど、いろいろあります。

私たちがバンコクについた最初の日に泊まったのは、シャワー共同の安い部屋でした。一泊160バーツ(約250円)。国内旅行に比べ、あまりに安いことにびっくりです。

ただその部屋は、安いだけのことはありました。

壁やベッドはシミだらけ、共同のシャワーは水しか出ず、フロントに汚い格好の若い男がフラフラしていたり、夜中に大きなゴキブリが出て眠れなかったりと、疲れた体を休めることができませんでした。

特に、ラリったような雰囲気の男たちが出入りしているのを見て、女性2人連れだった私たちはびくびくし通しでした。

安宿でよく眠れなかったこともあり、次の日は2人とも疲れきってしまい、照りつける日差しの中、一日カオサンストリートをフラフラして過ごしました。

次の日に泊まったのは、400バーツのゲストハウス。前日の3倍近い値段でしたが、部屋付きの温かいシャワーに感動し、清潔なベッドでぐっすり眠ることができました。

日本ではシャワーもベッドも当たり前に使っていますが、こうして旅行していると少しのことでも感動したり、ありがたいと思えたりしますね。

バンコクにいる時は、何だか汗まみれでくたくたでしたが、帰国してしばらくするとあの熱気やゲストハウスのベッドの匂い、屋台で買った焼きたてのパンケーキの甘さなどはっきりと記憶に残っていて、とても懐かしくなります。

そして長期の休みがとれたらまた行きたいなあ・・・と思うのです。

[PR]
土地や売地の購入ならスタイルハウスの土地情報!伊勢原の売地、秦野の土地、平塚の空き地などの不動産土地情報が満載。
http://land.stylehouse.co.jp/

Comments are closed.