リンクページ-06

マシニングセンタ製作の老舗企業「牧野フライス製作所」

「マシニングセンタ」というものをご存知でしょうか。

物を加工する際、元来別々の工具で行わざるをえない動作(フライス削り・中ぐり・穴あけ・ねじ立て等)を、コンピューターで操作することにより、たった一台の機械で行うことのできる工作マシンです。

このようなマシンはものづくり日本として非常に需要が多く、様々な企業で開発・販売が促進されています。中でも今回は、「牧野フライス製作所」の製品についてご紹介します。

「牧野フライス製作所」は1937に創業し、既に75年を超える老舗企業です。当初は、一番立フライス盤の専門メーカー「牧野商店製作部」として創業しましたが、後にわが国最初の 「NCフライス盤」を開発し、「株式会社牧野フライス製作所」に改称します。

その後も事業拡大を続け、現在では国内だけでなくシンガポールにも工場を持つようになりました。1971年には株式を東京/大阪証券取引所に上場し、今や日本を代表するトップメーカーのひとつと言っても過言ではないでしょう。

一口にマシニングセンタといっても、様々な状況に合わせて多種多様のマシンが開発されています。

より細かいものの加工を行うマシンの最新機種のひとつに「HYPER 2J」というのがありますが、こちらは最小プログラム単位は10ナノm、サブミクロンの加工精度を実現しており、光学部品・光通信・バイオテクノロジーなどの最先端分野に最適な商品です。

他にも、部品加工に適したものや、半導体、医療製品の加工に使用できるものなどがあります。

マシニングセンタの大手として「牧野フライス製作所」をご紹介しましたが、他の国内企業としては「安田工業」「高速マシニングセンタのキタムラ機械」「静岡鉄鋼」有名な企業ですと「大阪機工(OKK)」などがあげられます。